渚屋Blog

アニメと旅。

渚屋Blog イメージ画像

    ミリタリー

    憧憬の路の日、竹原に向かう前に呉に立ち寄って呉艦船めぐりに乗船してきました。9月の呉遠征の時は生憎の雨で呉艦船めぐりには行かなかったのでそのリベンジも兼ねて久しぶりのクルーズとなりました。6時に飯塚の自宅を出て、高速飛ばして、呉に着いたのが午前10時半前
    『呉艦船めぐり(2018年10月27日)』の画像

    9月8日に呉に行ったときの写真を掲載していきます。約半年ぶりの呉。豪雨災害の後はじめての呉入でした。広島に寄ったり降りるインターを間違ったりして呉に入ったのは15時頃。予定よりかなり遅い時間になってしまいました。久しぶりの港町珈琲館で遅い昼食。アレイから
    『9月の呉遠征〜澎湃館を訪ねて〜』の画像

    唐津でヘリ搭載護衛艦「いせ」を見学した後、佐世保まで足を伸ばしました。唐津から佐世保までは車(三川内から高速利用)で約1時間。佐世保に着いたのは15時前。軍港クルーズも終わっていたし、倉島の艦艇一般公開もやってなかったのであまり行くところなかったです。今
    『佐世保に聖地88の御朱印押しに行く』の画像

    博多港に砕氷艦「しらせ」を見に行った後、そのまま西へと走り、唐津の妙見埠頭で行われていたヘリ搭載護衛艦「いせ」の艦艇一般公開に行きました。前原道路から今宿バイパスにかけて、相変わらずの混雑で時間かかりましたが、なんとか昼前に唐津に到着。埠頭の場所がわから
    『ヘリ搭載護衛艦「いせ」@唐津妙見埠頭』の画像

    博多港の中央埠頭に砕氷艦「しらせ」が来てるらしかったので見に行ってきました。一般公開あったらしいのですが、予約制だったので駄目でした。とりあえず外観だけでも…。と思って出かけました。博多港国際ターミナル(中央埠頭)。かつて四箇田団地からのバスを運転したこ
    『砕氷艦「しらせ」@博多港』の画像

    今年のお盆休みは父の初盆だったので恒例の大遠征は中止。11日、12日の2日間のみで何処に行こうか考えてました。そして結局、倉吉を中心に山陰を巡ろうということにしました。とりあえず1日目は城崎温泉から余部橋梁に行って智頭急行の智頭駅、恋山形駅とまわり倉吉に
    『3度目の舞鶴〜2018夏〜』の画像

    今回のエントリーでは8月5日に行った「させぼシーサイドフェスティバル」の写真をずらずらーと掲載していきたいと思います。倉島岸壁に停泊しているあきづき型護衛艦「すずつき」。この日は艦艇一般公開もやってました。立神岸壁には艦番号176のイージス艦、こんごう型
    『させぼシーサイドフェスティバル2018』の画像

    8月5日に「させぼシーサイドフェスティバル」に行ってきました。今年のシーサイドフェスティバルの艦艇一般公開は最新鋭護衛艦「あさひ」でした。今回のエントリーでは私としては初の見学となった護衛艦「あさひ」の模様をお届けします。佐世保港国際ターミナル「葉港テラ
    『護衛艦「あさひ」@させぼシーサイドフェスティバル』の画像

    宮崎に向かう途中、久しぶりに大分県竹田市の広瀬神社に立ち寄ってみました。軍神第一号となった広瀬武夫の像。僕の大好きな軍人のひとりでございます。竹田といえば瀧廉太郎ですけど、彼と同世代に生きた軍人さんです。ちなみにこの像、以前はありませんでした。おそらく歴
    『広瀬神社(竹田)の朝日のカッターと比叡のマスト』の画像

    昨日、佐世保の倉島岸壁および立神岸壁停泊していた護衛艦の写真を少し掲載してみたいと思います。昨日は午前中は雨が降りましたが、午後からは青空が広がって、良い写真撮影日和になりました。佐世保に着いたのは昼過ぎ。天気もすっかり回復した後だったので良かったです。
    『佐世保倉島&立神20180526』の画像

    ビバ!「フフ怖」。現代の天龍ちゃんはフフ怖な軽巡ではなく、対空射撃訓練用の無人標的機で訓練を支援する訓練支援艦なのです。現在、訓練支援艦は呉に「くろべ」と「てんりゅう」がいます。そんな「てんりゅう」が博多埠頭にきてました。都市高速を走って佐世保に向かって
    『訓練支援艦てんりゅう@博多埠頭』の画像

    先週末、日曜日に長崎帆船まつりに行って来ました。…とはいっても、会場周辺はディズニーのパレードもあり、人多すぎで帆船より三菱重工長崎造船所にいる護衛艦ばかりずっと観てましたがwその時撮った帆船と護衛艦の写真を適当に掲載していきたいと思います。長崎行く前に
    『「長崎帆船まつり」帆船と護衛艦』の画像

    佐世保と艦これのコラボが今週末からあるということで、佐世保はじめての提督の皆様に向けて、佐世保鎮守府巡礼の僕なりの定番スポットなどをまとめてみたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。■セールタワー(海上自衛隊佐世保史料館)海上自衛隊の史料館です。佐
    『艦これ提督のための佐世保巡礼指南』の画像

    1月27日28日に今年最初の呉遠征に行って来ました。その時撮った護衛艦の写真を「呉艦船めぐり」の時の写真を中心に適当に掲載してみたいと思います。まずは「呉艦船めぐり」出港前に撮った写真から。海上自衛隊のタグボート。帰港中のようでした。いえしま形掃海管制艇
    『呉艦船めぐり(2018年1月27日)』の画像

    宇佐神宮に初詣に行く途中で寄った宇佐平和資料館で撮った零戦二一型ロケセット(映画永遠の0)と桜花の実物大模型の写真を掲載します。ちなみに再訪です。以前の記事はこちら。ここまで、映画「永遠の0」でロケセットとして作られた零式艦上戦闘機21型の模型。コックピ
    『零戦二一型と桜花の実物大模型@宇佐平和資料館』の画像

    今年も「イルミネーションロードくれ」に行ってきたので写真を適当に載せます。最近どーもやる気がなくて、今回も一眼レフ持参してなかったので、iPhone8で撮った写真です。ごめんなさい。僕的にはいちばんの見どころ、航空母艦赤城さん!呉生まれの赤城さん。大改装前、三
    『2017イルミネーションロードくれ』の画像

    昨日、宮崎県の日向市でヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」の艦艇一般公開が行われました。前の日は遅番で24時まで仕事だったんですが、仕事終わってからの徹夜の強行軍で行って来ました。その時の様子をレポートしたいと思います。「ひゅうが」の艦艇一般公開が日向市であると知
    『日向でひゅうが』の画像

    お待たせしました、呉海自カレーフェスタ、ヘリ搭載護衛艦「かが」の艦艇一般公開レポート後編です。前編はこちら。艦橋。煙突などと一体化してます。中央構造物だけでも一つの船のようにみえる」と同行して頂いたフォロワーの刹那さん談。なるほどー確かに。中央部分には自
    『ヘリ搭載護衛艦「かが」@呉海自カレーフェスタ2017・後編』の画像

    届けー届けー、想いよ届けー、と祈ってたら、なんとか天気もってくれました、先週土曜日の呉海自カレーフェスタ。お目当ては、今回、呉で初公開となるヘリ搭載護衛艦「かが」の艦艇一般公開です。初めての「かが」、初めての「いずも型」見学の機会だったので、めっちゃ楽し
    『ヘリ搭載護衛艦「かが」@呉海自カレーフェスタ2017・前編』の画像

    そういう訳で、2週続けての佐世保です。昨日、行って来ました。佐世保はいいぞ〜。朝早く出かけて、糸島や唐津に立ち寄ったりしながら下道でモタモタ行ってると、着いたのは10時すぎ。いつもと変わらないじゃん!せっかく早起きしたのにアホかきさんっ!いつもの佐世保み
    『佐世保護衛艦ウォッチング(2017年10月8日)』の画像

    昨日、また佐世保に行ってました。先週行けなかった倉島岸壁の艦艇一般公開、今回は行って来ました。今回の担当艦は、なんと「すずつき」でした。あきづき型の公開は珍しいので嬉しかったです。個人的にはおそらく、あきづき型護衛艦の見学は今回が初めてだったかと。…とい
    『あきづき型護衛艦「すずつき」艦艇一般公開@佐世保』の画像

    今回は先週の土曜日、9月30日に行った佐世保の艦船の写真を適当に掲載していきたいと思います。今回は、前日が遅くまで仕事だったので、お寝坊して、軍港クルーズ、受付時間に間に合いませんでした。そして、「ちきゅう」を撮影していて時間無くなったので海上自衛隊の一
    『佐世保護衛艦&船舶ウォッチング(2017年9月30日)』の画像

    先週末行った呉・竹原旅行、呉サマーフェスタの模様その2です。今回は呉湾内クルーズので撮った写真を中心に掲載していきます。「艦隊桟橋待機所」。艦隊桟橋!良いネーミングです!交通船に乗れるって聞いて。この船は以前、将官や士官などVIP待遇の人間を船まで送るの
    『【夏呉旅◆杆皀汽沺璽侫Д好2017クルーズ編』の画像

    先週末、念願の利根オフに参加するために呉に行って来ました。ちょうど海上自衛隊呉サマーフェスタの開催日だったので地下壕一般公開などに参加しました。その時に撮った写真などを掲載していきたいと思います。自宅を出発したのは午前0時ごろ。早くに床には着いたのですが
    『【夏呉旅 杆皀汽沺璽侫Д好2017地下壕編』の画像

    土曜日に会社の人と佐世保に行って来ました。その時に撮った写真をざっと貼っていきたいと思います。朝7時に出たらけっこう余裕持って巡れました。嬉しい発見かも。倉島岸壁の一般艦艇公開→軍港クルーズ→レモンステーキ(リベラ)→弓張岳→針尾送信所無線塔→西海橋→サ
    『夏の佐世保遠征0701』の画像

    ↑このページのトップヘ