新年、あけましておめでとうございます。

本年も渚屋Blogをよろしくお願いいたします。



ということで、2021年初の記事投稿でございます。

今回は軽めの記事をひとつ。

今年もまた年末年始の休みを利用して年越し大遠征を実施したわけですが、その途中、新大阪駅にて偶然にもJR西日本和歌山支社の鉄道むすめ「黒瀬しらら」ちゃんと出逢いました。今回は彼女のことを紹介したいと思います。



新大阪駅で新幹線「さくら」から京都線新快速に乗り換えるとき、在来線コンコースにて黒潮しららちゃんの等身大パネルを発見しました!

ここに彼女が居るなんてことは知らなかったので、思わぬ邂逅でございます。


IMG_9018
黒潮しららちゃん、はじめましてー!

まさか新大阪駅で彼女に出会えるとは。

新大阪駅の在来線コンコースはたくさんの人が歩いてるのでPR効果バツグンですよね。



IMG_9021
どひゃー!どちゃくそ可愛いやん!

鉄道むすめ屈指の可愛さじゃないですかね?


そして彼女の横には横断幕…


IMG_9023
あー!あのパンダ顔の特急列車、ここだったんだ!

だからしららちゃんもパンダ抱っこしてるのね。



IMG_9024
子パンダをおんぶするしららちゃん。

ふわー、めんこいのう、めんこいのう。


IMG_0226
JR西日本和歌山支社さんも気合入ってるようでグッズとかもたくさんありそうですね。

それにしても鉄道むすめって私鉄のキャラのイメージあったんですけど、黒潮しららといい、城崎このりといい、JR西日本、やりおるなって思いました。



(関連記事)





そんな訳で、思いがけず出会ってしまった黒潮しららちゃん。

すごく可愛くて一目惚れしてしまいましたよ僕は。


そもそも、彼女の存在自体は知ってたし、鉄道むすめ巡りでも取りに行こうと計画したこともありました。

しかし、計画を立ててみると、九州からだとなかなか難易度が高かったんです。

神前みーこちゃん(和歌山電気鉄道)の和歌山市でさえ遠いのに、白浜駅はそこからさらに南。紀伊半島の南西部にあります。

青春18きっぷで行くと普通列車でのアクセスが厳しいデス。

そのため、当初はこの子のためだけにそこまで行くという気概が無かったのです。


しかし、今回、新大阪駅で彼女と偶然出会って、気持ちが一変しました。これはもう近いうちに白浜駅に会いにいかねば!って思いました。こんな可愛い娘、スルーできる訳がない。


今年はどこかで彼女に会いにいく旅を計画したいなーと思います。


(おわり)