いやもーさ、最近、人手不足のせいか忙しくて、しかも休みもなくて、今月ほとんど土曜日休み無くて、ストレスたまりまくってたんで、土曜日、仕事終わってから突発的に呉まで行ってしまいました。

今回はその模様をレポートしたいと思います。



土曜日の終業後から、関門橋を超えて東へ


11月28日土曜日、早番の5時出勤の15時終わり。

なんだかんだで30分サービス残業させられて、3時40分くらいにようやく会社を出れました。


そのまま、家には帰らず、衝動的に小倉南インターから九州道に乗って東へ。

最初は「倉吉か観音寺まで行ったるぞ!」って思って車を走らせました。


突発呉旅 (1)
午後4時40分、関門橋を渡って本州へ。

このあたり、かなり鬱な精神状態で車を走らせてました。

突発呉旅 (2)
18時。下松サービスエリアでまわりみなみちゃんに出逢う。

彼女の姿に疲れ切った心と体を癒やされました。


ここまでノンストップ。下松なのでまだまだ山口県。さすがに疲れたし、時間的に倉吉や観音寺は厳しいので、目的地を呉に変更。宿を予約しました。


このあと、山陽道を通って広島方面へ向かいます。

突発呉旅 (3)
廿日市で山陽道を降りて国道2号線から広島高速に乗ります。この時点で時刻は19時を過ぎました。

突発呉旅 (4)
19時20分、呉に到着しました。

約4時間で呉まで走って来れました。途中休憩しなければもう少し縮められたかな?



コンフォートホテル呉にチェックイン


突発呉旅 (5)
今回の宿はコンフォートホテル呉です。

呉ではいろんなところに泊まるけど、コンフォートホテルがいちばん無難な宿かなーって思います。建物も新しいし部屋も綺麗だし。

個人的に、だいたい呉に泊まるときは「コンフォートホテル呉」か「呉森沢ホテル」か「ビューポート呉」かの選択になりますねー。

突発呉旅 (6)
今回、はじめてツインルームを独り占めになりました。

ツインルームだと広いですねー。小さいながらもソファーもついてるし。



呉の夜は「海軍さんの麦酒舘」でカンパーイ!

呉で気軽に独り呑みができるところとしては「海軍さんの麦酒舘」だと僕は思います。

ホテルからも近いし、お腹が空いてるのであまりうろうろしたくないので、今回はとりあえずここで!と思い入店。


突発呉旅 (7)
土曜の夜、特に19時〜21時のディナータイムは満席だったり、貸し切りだったりすることが多くて諦めるなんてことも少なくなかったのですが、今回はコロナ禍の影響か、席はけっこう空いてました。


突発呉旅 (8)
なんか、いつも案内される席はここなんだよなー。「この世界の片隅に」や海自カレーのポスターの前の席。

突発呉旅 (9)
このお店は、注文はタッチパネルなので気が楽です。さーて何にしましょうかね?

突発呉旅 (10)
ビアホールなので、やはりまずはビールで攻めなきゃでしょ?もちろん扱ってるのはクラフトビールですよ。ヴァイツェンをいただきます。ドイツビールですよ。

このお店では他にピルスナーとアルトを扱ってます。


では乾杯!

一週間のつらいお仕事と呉までの運転、お疲れさまでした!

突発呉旅 (11)
キタよ!きたきた!「海軍さんの肉じゃが」!個人的には超おすすめ。

固形燃料でぐつぐつ煮ながらやってきます。ホクホクで美味しいですよ。

突発呉旅 (12)
そして、海自カレーの「はくりゅうカレー(小盛)」チューリップ(唐揚げ)をいただきますー!

「はくりゅうカレー」は小盛でも海自カレーのシールもらえますよ。ちなみに「はくりゅう」は潜水艦ですネ。


突発呉旅 (13)
2杯目は地ビールで。さて、どちらにしようかな♪

突発呉旅 (14)
結局、いつもの「しまのわビール」にしました。とっても、とってもフルーティーですよ。

突発呉旅 (15)
〆には「珍来軒の呉冷麺」

今回は寒いから冷麺やめておこうと思ったんですけど、やっぱり欲しくなって最後に頼みました。


もうすこしいろいろ飲み食いしたいところでしたが、今回はこのへんで。

お会計、ホテルでもらったGoToクーポンを使ってけっこう安くあがりました。

このあと「利根」か「呉ゲート」へハシゴするつもりでしたが、けっこう1軒目でお腹いっぱいになってしまいました。2軒目は今回はいっかー。

しかし、みんなよくハシゴできるよなー。僕はだいたいこういうとき1軒目で満足してしまいます。


突発呉旅 (16)
そうそう、いつの間にか閉店21時30分とかになってた。昔は23時までやってたんですけどね。今回、早く来ていてよかった。


仕事がキツくても、辛いことがあっても、美味しいものを食べたら大丈夫だよ!

呉の美味しい料理に、元気もらいました。ごちそうさまでした。



新生「大和温泉」

今年の6月に呉駅裏の「レクレ」にある「大和温泉物語」が閉店するというニュースが入ってきました。

「大和温泉物語」は個人的にはすごく思い入れの深い健康ランドで、僕が呉に来した最初の頃、ホテル代わりによく使ってました。

また徹夜で車を走らせて、早朝から「大和温泉物語」に入って、昼間で寝るなんてことも良くしてました。レストランの「おぼろ月」で呉湾を見ながら朝食を食べたりしたことは良い思い出でした。


そんな「大和温泉物語」がコロナ禍の影響のせいか閉店してしまって、とても残念に思ってました。


もう二度と入ることがないのかーって思ってたところ、11月1日から「スパソラニ大和温泉」と
して別会社で開業されることになったという情報が!


今回、せっかくなのでその新生「大和温泉」がどのようになったのか気になったので、行ってみることにしました。


突発呉旅 (18)
呉駅裏にある商業施設「レクレ」。「大和温泉」はここの最上階…6階にあります。


突発呉旅 (19)
やってきました「スパソラニ大和温泉」。

「大和温泉物語」は看板はそのままに、前にパネルが貼ってある感じ。なんか、手抜き感が…。


突発呉旅 (20)
料金表。

健康ランド料金から、スーパー銭湯並みのお手頃価格へ。1000円以内で同じお風呂に入れるというのはお得かも!


施設内はほとんど変わってませんでした。「大和温泉物語」の設備をそのまま使ってるという感じです。料金がお手頃になったため気楽に行きやすくなったかもですね。


ただ、受付の店員さんが慣れてないのか、渡されたロッカーキー、僕の直前に受付したグループのすぐ隣でした。

そのグループが服を脱ぎ終わるまで、待たねばいけませんでした。おしゃべりしながら脱いでたのでけっこう待たされました。

慣れたスパだと、こういうとき、少し離れたロッカーにしてくれるんですけどね…。


以前のように屋上にある露天風呂からは呉港の夜景を楽しめてよかったです。今回は営業時間が22時までだったので、閉店まで時間がなく、ゆっくりじっくりという訳にはいかなかったのが少し残念。

ただ、現在は「プレオープン」らしく、正式には来年3月にグランドオープンし、24時間営業になるそうです。


突発呉旅 (21)
呉氏の顔ハメパネルは大和温泉物語のままでしたw


夜の呉を歩く


温泉で身体も温まったことですし、気分も良いので、ホテルに帰る前に夜の呉の街を散策してみます。


突発呉旅 (22)
普段は多くの人で賑わう駅から大和ミュージアムまでのペデストリアンデッキだけど、この時間はほとんど人影がない。


突発呉旅 (23)
「日招きの里ハイカラ食堂」や「瀬戸内特産品プラザ 呉マリン」の入ってる折本マリンビル3号館。もちろんこの時間お店は閉店してる。

突発呉旅 (24)
いつもの呉の景色も人の姿は無く。

突発呉旅 (25)
呉中央桟橋ターミナル。旧呉鎮守府(現:呉地方総監部)の建物を模したと言われてます。

突発呉旅 (26)
大和ミュージアム。

突発呉旅 (27)
戦艦陸奥の主砲身や主錨はライトアップされています。

突発呉旅 (28)
戦艦陸奥の主砲身。よく勘違いされますが、戦艦大和のものではありません。

突発呉旅 (29)
中央桟橋ターミナルの2階テラスから、JMU(大和ドック)方向。


IMG_7275
閑散としてる中央桟橋ターミナル内ですが、まだ渡船は動いてましたし、2階奥のテーブルのある休憩所では学生さんが待ち時間を使って勉強とかしてるようでした。

突発呉旅 (31)
まだ残ってた2017年の江田島・兵姫ストライクのスタンプラリーポスター。

もうあれから3年経つのか…。


(参考記事)




突発呉旅 (30)
2階にあった「この世界の片隅に」顔ハメパネル。

さあ、君もすずさんの肩を抱くのだ!


突発呉旅 (17)
呉駅まで戻ってきた。

IMG_7282
呉駅前。「潜水艦せきりゅうカレー」を提供していた「駅膳」さんが休業してた…。あのカレー好きだったのになー。


突発呉旅 (35)
駅前のモニュメント「海色の歴史回廊くれ」

たとえ世界のすべてが海色に溶けても〜♪

このモニュメントは「たまゆら」でも登場しましたねー。


突発呉旅 (34)
呉氏wwwww

突発呉旅 (32)
「etSETOra(エトセトラ)」ですって。

呉線の観光列車っていうと「瀬戸内マリンビュー」なんだけど、いまはコレなんですなあ。

生まれて初めて呉に来たときに「瀬戸内マリンビュー」乗ったなー。いまはもうないのかー。

「etSETOra」は呉線を往復するんじゃなくて、帰りは山陽本線のほうを走るみたですねえ。しかも折返しは三原ではなく尾道らしい。

突発呉旅 (33)
アイスもなかの「巴屋」売店があった場所は観光案内コーナーになっとった。

IMG_7283
そろそろ眠くなって来たので、ホテルに戻ります。

IMG_7285
ホテルの部屋に空気清浄機があったら、必ず加湿モードで入れておくのが僕のマイルール。

ホテルの部屋って驚くほど乾燥してるんだ。

おかげで旅行中に風邪をひいてしまうことも何度かありました。特にコロナ禍の今は風邪ひくとかなりめんどくさいことになるので、風邪の予防はなおのこと必要。

突発呉旅 (36)
寝る前に部屋で軽く飲み直し。いい気分でベットに潜り込みました。おやすみなさい。


good moning kure!


突発呉旅2日目 (13)
翌朝でございます。雲は多いものの、天気はまあまあよさそう。

突発呉旅2日目 (14)
コンフォートホテル呉のバイキング朝食。コロナ禍時代のバイキング形式は、消毒、マスク、手袋をして料理を取っていくことになります。ちょっとめんどくさいけど仕方がない。


「この世界の片隅に」壁絵


チェックアウトしたあと、前日夜にフォロワーさんから情報を頂いてた「この世界の片隅に」の壁絵を見に行きます。

突発呉旅2日目 (15)
おおお!想像以上に大きかった!

突発呉旅2日目 (16)
嗚呼、美しかね!

場所はローソンオールファーマシー呉中通店の駐車場です。


アレイからすこじまからウキウキウォッチング


今回は「呉艦船めぐり」には乗らず、「アレイからすこじま」から護衛艦と潜水艦を眺めるだけにしました。


突発呉旅2日目 (1)
海上自衛隊呉基地Eバース。

突発呉旅2日目 (2)
潜水艦桟橋。この日の潜水艦桟橋はにぎやかで、6隻の潜水艦が帰ってきてました。

突発呉旅2日目 (3)
おやしお型潜水艦。なんか船体を洗浄してました。

突発呉旅2日目 (4)
おやしお型潜水艦を正面から。潜水艦のこんな景色が見れるのも、全国で呉と横須賀だけ。


突発呉旅2日目 (5)
アレイからすこじまではいろんな鳥も観察できます。

突発呉旅2日目 (6)
そうりゅう型潜水艦。

突発呉旅2日目 (7)
敷設艦「むろと」。海底ケーブルを設置するなどする補助艦艇です。音響測定艦と同じく機密性の高い艦艇で詳細はあまり公表されていません。

突発呉旅2日目 (8)
3つ並ぶ潜水艦の艦橋。おやしお型とそうりゅう型の違いがよくわかりますね。

突発呉旅2日目 (9)
Fバース。左から護衛艦「さざなみ」「いなづま」ヘリ搭載護衛艦「かが」。そして手前にそうりゅう型潜水艦。

突発呉旅2日目 (10)
潜水艦桟橋の奥にいたそうりゅう型潜水艦。

突発呉旅2日目 (11)
処分を待つ退役掃海艇。艦名は消されてるけどおそらく「ゆげしま」「ながしま」だと思われます。


呉れよ、さらば


よく考えたら、今、特に呉で行きたい場所ないんだよなーって思って、このあとは鳥取の境港に向かうことにしました。

瀬戸内海側やら日本海側までの大移動になるので、早めに呉を発たねばなりません。


そんなわけで、早々に呉を離れます。


突発呉旅2日目 (17)
さよなら「あきしお」さん。そして、呉よさらば!


突発呉旅2日目 (12)
「ベイサイドビーチ坂」のところで護衛艦「くにさき」が向かって来てるのが見えたので、急遽立ち寄り。ギリギリで写真に収めることができました。


このあと、広島高速、中国道、松江道経由で境港まで行くのですが、それはまた別の記事にて。(書くかどうかはわかりません)



以上、そんなわけでして、突発的呉の旅はこんな感じでした。

GoTo期間中に呉には一度行っておきたいとは思っていたので、今回は良い機会でした。ホテル代も安くついたしクーポンで美味しいものも食べれたし大満足。

ほんと、行くまでめっちゃ凹んでたのに、呉で美味しいもの食べて呑んで、温泉入って、きれいな部屋でぐっすり寝て、お船を眺めたら、かなり楽になりました。良い気分転換になったよ。ありがとう呉。


例年であれば年に4〜5回は呉行ってたのですが、今年は2回だけでした。コロナ禍の影響でイベントとかもないのでなかなか行く機会がなかったです。また頻繁に行けるようになれるといいですね。



(おわり)