ハイスクール・フリートの聖地巡礼をまとめてみます。はいふりの舞台は主に横須賀です。

OVA ハイスクール・フリート(完全生産限定版) [Blu-ray]

横須賀にはすでに8回ほど言ってるんですが、ハイスクール・フリートの聖地巡礼に関しては少しずつしか巡ってないので、まとめるのが大変でした。

それに、まとめてみると、その場所には行ったけど撮れてないシーンも多々あることがわかって、また近いうちにリベンジに行きたいなって思いました。



JR横須賀駅


003 (1)003 (2)
第1話より。JRの横須賀駅ですね。海の近くにあるのに横須賀駅やヴェルニー公園は沈まなかったようですw


横須賀中央駅前


015015
OVAより。さかくらビル。

1階にははいふりファンにはおなじみの「さかくら総本家」さん、地下には「とんかつの方丈」さんが入っています。また5階は「はいふりコミュニティースペース」となっていてはいふりファンの集う場所になっています。

017017

018018

019019
OVAより。横須賀中央Yデッキ。


三笠公園


014014

016016

023023

024024

021021

022022
OVAより。記念艦三笠が展示されている三笠公園です。横須賀を代表する観光地ですね。記念館三笠は見学できます。また毎年5月にはカレーフェスティバルが開催されています。毎年、はいふりのグッズショップも出店してますよ。


どぶ板通り


025025
OVAより。どぶ板通りにあるライブバー「MOAI&CAPI」さん。看板とか無いなって思ったのですが、調べてみると現在お店は隣に移転されているようです。



イオンスタイル横須賀店


027 (1)027 (2)
OVAより。イオンスタイル横須賀。去年の年末行ったときは閉店してました。現在は「Coaska Bayside Stores」として開業してる…はずでしたが、現在新型コロナの影響によりオープンは延期されてる模様(2020年5月24日現在)



諏訪大社(諏訪公園)

004 (1)004 (2)

005 (1)005 (2)

006 (1)006 (2)

007 (1)007 (2)
第2話より。

008008

009009
OVAより。どぶ板通りの裏手の丘の上にある諏訪大社と諏訪公園です。


中央公園


010010

011011
OVAより。中央公園。

このとき泊まったホテルのそばだったので行ってみましたが、急な坂道をずっとあるかなきゃいけなかったのでキツかったデス。

その分、景色は最高でした。横須賀市街から東京湾まで見渡せて振り向けば富士山が顔を出してました。


よこすかポートマーケット


012012
OVAより。横須賀ポートマーケット。現在は運営者が代わりリニューアルのため閉店しています。奇しくも取材に行った日は最終日でした。2021年春にリニューアルオープン予定。

013013

020 (1)020 (2)
OVAより。リニューアル後は作中と同じ景色は無くなってるかもしれません…。

衣笠仲通り商店街

IMG_0911スナップショット-2020-05-13 at 06_18_55 PM-18044

第一術科学校・幹部候補生学校(広島県江田島市)

横須賀女子海洋学校のモデルになったのは広島県江田島市にある「海上自衛隊第一術科学校・幹部候補生学校」です。ここは旧海軍兵学校でもあります。多くの映画やドラマ、アニメで登場します。

DSC_0329WS0004
第1話より。横須賀女子海洋学校のシーン。モデルは幹部候補生学校校舎。

IMG_3721WS0005
第1話より。幹部候補生校舎の裏庭。通称「モックン廊下」(ドラマ「坂の上の雲」で秋山真之役の本木雅弘さんが走った廊下)です。この先に軍歌「同期の桜」歌われた桜の木があります。

010 (1)010 (2)
OVAより。作中絵では右下に枠があるので2階廊下かと思われます。校内開放日でも2階には立ち入れないので、写真は1階廊下で代用です。


呉地方総監部(広島県呉市)


029 (2)029 (1)
第10話より。呉市にある呉地方総監部(旧呉鎮守府庁舎)。ブルーマーメイドの庁舎(?)モデル。周囲の景色も違うし、よく見ると違ってる部分多いけど、たぶんここがモデルではないかと。


以上です。

写真を整理してみると、けっこう撮れてない構図や行っていないスポットとかあって、まだまだ巡れてないなあと思いました。

新型コロナウイルスの騒ぎが収まったら、できるだけ早くリベンジに行きたいと思ってます。

また円盤が発売されたら、劇場版の聖地巡礼もやりたいですね。この記事は新たに聖地を巡ったりする度に随時更新していきたいと思います。



※当エントリーでは作中の画像を比較研究目的により引用しています。作中画像等の著作権は”AIS/海上安全整備局”にすべて帰属します。


<関連記事>
 

<関連商品>