ゾンビランドサガ嬉野編です。先週末、佐賀市内巡った後に言ってきました。

佐賀市内で思った以上に時間がかかってしまい、嬉野温泉に到着したのは午後3時過ぎ。陽も傾き、天気も悪いせいもあって光量不足な感じでしたけど、とりあえず撮った写真を掲載しようと思います。

ちなみに佐賀市内から嬉野まで車で移動すると、高速利用で45分ほど。下道なら1時間ちょっとかかります。公共交通機関で行く場合は、近くに駅はないので各地からバスでの移動になります。

嬉野温泉は第4話で出てきます。今回巡った場所もほとんどは第4話で登場、あとはエンディングに登場しますね。では比較画像から行きます。

ゾンビランドサガ嬉野 (2)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (27)
嬉野温泉公共浴場「シーボルトの湯」。僕は以前からよく行っていた公共浴場。佐世保や佐賀県立宇宙科学館にプラネタリウムを見に行った帰りに時々立ち寄ってました。まさかこの場所がアニメになろうとはw ゾンビランドサガの聖地巡礼をしようとしたきっかけの場所です。

入湯料は400円と気楽に入れる温泉です。すぐ前にタイムズ駐車場があり、90分無料で利用できます。露天はありませんが、建物と同様、洋風な感じの内風呂があります。公共浴場なので地元の人も多く、タイミングが悪いと混雑してることもあるのが少し難点。後ほど内部の写真をお見せしますね。

今の建物は2010年(平成22年)に建て替えられらもの。ここには佐賀藩支藩の蓮池藩の公共浴場であった「古湯温泉」がありました。ここに長崎出島のドイツ人オランダ商館医師「シーボルト」も立ち寄ったとされることから「シーボルトの湯」の名がつきました。

建て替え前は大正13年建てられたドイツ人設計による木造3階建ての建物だったそうです。老朽化などの理由により平成8年に閉鎖、17年に解体されました。


IMG_5565
館内にあった「ゾンビランドサガ」のポスター。ようじょがコレをガン見していて「なんか変〜」って言ってましたw

ゾンビランドサガ嬉野 (1)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (26)
嬉野橋。「シーボルトの湯」の前、二級河川塩田川(嬉野川)にかかる鉄骨トランス橋。1972年(昭和2年)に架けられました。大野原の旧陸軍演習場に向かう戦車が渡れるように頑丈に設計されたようです。

DSC_1250
「シーボルトの湯」の前にある商店(お土産物屋)「小野原商店」さんにもゾンビランドサガのポスターが!嬉野、ゾンビランドサガ推してますね。うれしいの〜^^;


ゾンビランドサガ嬉野 (3)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (28)
嬉野温泉公園より、井出酒造方向。「シーボルトの湯」の対岸にある嬉野温泉公園。ここにいくつか巡礼ポイントがあります。まずはフランシュシュのメンバーが嬉野観光してるシーンより。


ゾンビランドサガ嬉野 (4)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (4)
同じく嬉野温泉公園から温泉橋方向。エンディングで登場しました。この絵、最初は唐津だと思っていて一生懸命唐津市内探してました。まさかの嬉野温泉。嬉野にこんな景色あったんですね。

嬉野散策 (1)
奥に見える赤い橋が温泉橋。

DSC_1284
市内移動中、またゾンビランドサガポスターが。佐賀市内はさっぱりだったけど、嬉野ではあちこちで見かけますね。


嬉野散策 (3)
嬉野温泉の回でいちばん印象深かった足湯のシーン、場所は「シーボルトの湯」前の道から一本北の通り、楓ノ木交差点そばにある湯宿広場です。

ゾンビランドサガ嬉野 (10)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (16)
足湯。ちょっとカットと合いませんが、人がいないタイミングで急いで撮ったもので合わせとかできませんでした。ホント、利用者が後をたたないので人がいないタイミングを見計らうのが大変でした。

ゾンビランドサガ嬉野 (14)ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (15)
足湯。おっと、位置が逆でした。左手前から撮らなきゃいけませんでしたね。

ゾンビランドサガ嬉野 (5)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (21)
湯宿広場の足蒸し湯。温泉地には足湯はよくあるのですが蒸し風呂は珍しい気がします。たぶん何度も前を車で通ってたはずですが、こんなものがあるのは知らなかったです。

ゾンビランドサガ嬉野 (7)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (24)
同じく足蒸し湯。

ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (3)
ちなみにこのカットはエンディングにも登場します。

ゾンビランドサガ嬉野 (12)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (17)
足を入れるトコロ。蓋は手で持っておかないと落ちます。あと椅子には座布団が敷いてありました。

ゾンビランドサガ嬉野 (6)ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (23)
湯宿広場から三根芳春園方向。位置的にはすこしズレます。三根芳春園さんではタオルを100円で販売してるのでタオル持参してなときは購入できますよ。

ゾンビランドサガ嬉野 (8)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (20)
足蒸し湯洗い場を背に。

ゾンビランドサガ嬉野 (13)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (22)
同じく洗い場を背に。

ゾンビランドサガ嬉野 (9)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (19)
案内看板を後ろに。

ゾンビランドサガ嬉野 (11)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (18)
機械室を背景に。

DSC_1292
DSC_1294
こちらにもポスターが!この場所にポスター貼ってくれてるのはナイスです!

DSC_1325
こちらはバスセンターに貼ってあったポスター。ガムテ貼りですw

ゾンビランドサガ嬉野 (15)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (5)
華翠苑。フランシュシュが宿泊と営業をしたホテルです。「シーボルトの湯」からは少し離れてるかな?徒歩10分ほど。塩田川沿いを上流方向に歩いていくと川沿いにあります。バスセンターからだと南へまっすくです。

ゾンビランドサガ嬉野 (16)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (6)
同じく華翠苑。いつか泊まってみたいですね。

ゾンビランドサガ嬉野 (17)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (7)
華翠苑玄関。

ゾンビランドサガ嬉野 (19)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (8)
同じく玄関。

ゾンビランドサガ嬉野 (18)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (9)
華翠苑駐車場。後ろの石碑が一致。

※追加(2018.12.19)
DSC_1180
0001
華翠苑玄関前の道路。「わしゃ観光じゃああああああいい!!」のシーンの場所。

※追加(2018.12.19)
DSC_1184
WS0010
道の向こうの壁と”止まれ”の標識。

ゾンビランドサガ嬉野 (20)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (13)
豊玉姫神社。国道34号線沿いです。

豊玉姫(トヨタマヒメ)は海の神である綿津見(ワタツミ)の娘で、初代天皇神武天皇の祖母とされています。海幸彦と山幸彦の伝説で、山幸彦が釣り針を探しに海に出た際に知り合って結婚したのが豊玉姫で、その伝説を元にして出来たのが「浦島太郎」の物語。豊玉姫は浦島太郎の乙姫様ともいえるのですね。

ゾンビランドサガ嬉野 (21)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (12)
豊玉姫神社なまずお社。


ゾンビランドサガ嬉野 (22)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (10)
ナマズ様。塩田川(嬉野川)に古くから住んでる大なまずが豊玉姫のお遣いであるという言い伝えがあるそうです。このなまず様は美肌の神様で、二礼二拍手一礼をした後、作中にあるように「願い水」とよばれる聖水をなまず様にかけて一礼するというのが作法みたいですね。

このなまず様は嬉野のシンボルとされていて、「シーボルトの湯」の湯船のところにもいました。なぜお風呂になまずの像があったのかガッテンガッテン!です。

ゾンビランドサガ嬉野 (23)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (11)
なまず様を後ろより。ゾンビィ肌でもご利益あるんでしょうか?w

※追加(2018.12.19)
DSC_1178
WS0041
豊玉姫神社鳥居。エンディングの鳥居はここだったのですね。奥に少し見える街灯の位置から見ると、一番境内に近い場所にある鳥居だと思います。

ゾンビランドサガ嬉野 (24)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (14)
風月堂。豊玉姫神社から国道沿いを少し東へ。ファミレス「ジョイフル」佐賀嬉野店の前にあります。


ゾンビランドサガ嬉野 (28)ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (29)
cafe moka。「シーボルトの湯」の前、小野原商店さん横の路地をまっすぐ行った先にあります。僕が行ったときはすでに営業時間外でした…。

※写真差し替え(2018.12.19)
DSC_1150ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (1)
広川鮮魚店前。エンディングより。

「cafe moka」さんの前の通り、上で紹介した場所から少し進んで反対方向を見るとこの景色です。軽トラックが停まってることもあるようです※後日撮った写真に差し替えました)散髪屋さんのグルグルは普段ならあるのかな?


※追加(2018.12.19)
DSC_1172
WS0013
広川鮮魚店さんの軽トラ。しかしナンバーが「死肉(429)焼く(89)焼く(89)」って読んでしまうのは邪推ですかね?


※追加(2018.12.19)
DSC_1153
WS0012
”シーボルトのあし湯・湯遊広場”前の路地。初回の嬉野温泉聖地巡礼ではすっかり忘れてたので、後日行ってきました。嬉野カフェと食菜市場きはらの前です。

ゾンビランドサガ嬉野 (26)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (2)
タイムズシーボルトの湯前。駐車場の前です。よく見た景色なはずだったんですが、調べるまで気が付きませんでした…(唐津のほうかと思ってた)。タイムズはちょっと前まで普通の無料駐車場でした。ただし満車の時が多かったですね。タイムズに委託されてからは空いてることも多くなった気がします。

ゾンビランドサガ嬉野 (27)
ゾンビランドサガ嬉野参考画像 (25)
ふたたび華翠苑。夜の絵が欲しかったのでふたたび訪ねてみました。いい感じなシンクロ率。よかったよかった。

比較画像は以上です。以下蛇足というか、嬉野で撮った写真。

嬉野散策 (2)
シーボルトの湯、嬉野温泉公園より。1階がお風呂です。2階は休憩所と貸切風呂。

嬉野散策 (5)
シーボルトの湯の足湯です。湯宿広場以外にも足湯あるのですね。

嬉野散策 (4)
なんか渋い感じの焼肉屋。

嬉野散策 (14)
華翠苑前の曙橋。夜はイルミネーションされます。

嬉野散策 (8)
嬉野散策 (15)
橋の欄干にあるモニュメント。これも光りますw

嬉野散策 (9)
川面に映る曙橋。

嬉野散策 (6)
嬉野散策 (13)
嬉野橋も光るだと…。

嬉野散策 (7)
嬉野温泉の橋は光るのがデフォなのか?w

時間によって色が変わります。

嬉野散策 (12)
せっかくなのでシーボルトの湯に浸かって帰ろうかと。玄関では嬉野温泉の公式ゆるキャラ「ゆっつらくん」がお出迎え。

嬉野散策 (11)
内部もレトロな感じで良いですよ。

嬉野散策 (10)
シーボルトの肖像画。ドイツ人だけどオランダ人だって言い張って日本に来てたそうです。

以上、嬉野編でした。

ぶっちゃけ、嬉野温泉はシーボルトの湯以外まったく知りませんでした。ゾンビランドサガのおかげで嬉野温泉の魅力発見です!今回はあまり良い条件で写真が撮れなかったのでまた日を改めて、嬉野温泉、聖地巡礼してみたいと思います。


※ゾンビランドサガ聖地巡礼マップ(嬉野エリア)。



※当エントリーでは作中の画像を比較研究目的により引用しています。画像等の著作権は”ゾンビランドサガ製作委員会”に全て帰属します。





(関連商品)
光へ
源 さくら(本渡 楓)
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
2018-11-28