お待たせしました!2018年夏の倉吉遠征後編です。前編はこちら

後編は白壁土蔵群の観光案内所前の琴櫻観光駐車場からスタートです。

倉吉2018夏 (90)
新しくなった「ひなビタ♪」のぼり旗をチェック!

倉吉2018夏 (91)
倉吉2018夏 (92)
こちらが打吹まつりから登場した新しいのぼり旗ですね。

倉吉2018夏 (93)
以前からあったデザインのものと交互に並んでいました。初めて倉吉に来て最初に見た光景がこの”のぼり旗”の並ぶ景色だったのでここは印象深いです。

倉吉2018夏 (94)
「混智恵流都」さん家の咲子ちゃん。玄関でお出迎え。

倉吉2018夏 (95)
倉吉2018夏 (96)
お店の雰囲気にあったお嬢様って感じの咲子ちゃんですね。

倉吉2018夏 (126)
あれ?あれあれ??飛龍閣のほうの咲子ちゃんいませんね…。たまたまかしら?…まさか…撤去…!?それだと哀しい。

倉吉2018夏 (97)
定番のこの景色。

倉吉2018夏 (98)
赤瓦1号館。フィギュアミュージアムできたからグッスマの出張所なくなるかと思ってたけど、ちゃんと残ってます。品数もけっこう多くて商品をチェックするだけでも楽しいです。

倉吉2018夏 (99)
凛&一舞。まさに天使。メンバーのなかでもこの二人は個人的に推しですなー。

さて、中に入ってみましょう。

倉吉2018夏 (102)
こ、これが噂のズンドコうさ丸(リアル)!

何処で見れるか知らなかったのですが、ここにあったんですね!

倉吉2018夏 (103)
倉吉2018夏 (104)
ひやーすごいめう!こんなのを小さなあの身体で叩いてるんですなあ。

倉吉2018夏 (105)
後ろの垂れ幕も良い感じ!

倉吉2018夏 (130)
新しい名所の誕生ですね。

倉吉2018夏 (128)
館内にある「ふみ子の手作り工房」さんに寄ってみます。

倉吉2018夏 (106)
「ふみ子の手作り工房」さん家の夏陽ちゃん。

倉吉2018夏 (129)
ポイントカードを頂きました。来店時にスタンプを一つ、お買い物でもう一つ押してもらえて、12コ全部埋まれば記念品をいただけるようですよ。

そういえば、倉吉ひなビタ♪応援団の名刺が各店舗でもらえるらしいですが、現地では忘れてました…。しまったなあ。

倉吉2018夏 (141)
コラボ商品の「♪きんちゃく」。音符の模様がひとつひとつ違うらしいです!

倉吉2018夏 (142)
そして「♪チャーム付きストラップ」迷わず黒を選んだら凛ちゃん推しってバレてしまったw

倉吉2018夏 (101)
「久楽」さん家のイブ様めうちゃん。今回は窓際にいました。

倉吉2018夏 (107)
「エルハイナー永田」さん家のまり花ちゃん。日曜日(定休日)は逢えなかったんですけど、今回は窓に立て掛けてありました。ありがたい、ありがたい。

倉吉2018夏 (108)
倉吉2018夏 (109)
「手打ちうどんなかむら」さん家の凛ちゃん。やっぱ美少女ですなー。

さて、先程の飛龍閣に咲子ちゃんがいなかった件、フォロワーさんから「松原旅館」に移転してるという情報をいただきまして、早速、場所を調べて行ってみることに。

倉吉2018夏 (151)
場所は里見屋敷跡のところですね。市役所の裏手、賀茂神社の下になります。

倉吉2018夏 (152)
ここじゃ!ここじゃ!

倉吉2018夏 (112)
玄関先にいました!さきちゃん!

倉吉2018夏 (110)
倉吉2018夏 (111)
良かった。ここにくれば会えるのですねー。

さて、帰りも長い旅になるので、この辺で白壁土蔵群を出ることにします。そして最後に立ち寄るのが…。


倉吉2018夏 (134)
「打吹公園だんご」の「石谷精華堂」さんの本店。

倉吉2018夏 (135)
ひなビタバージョン終了して残念に思ってましたがすぐに復活しましたねー。今回は倉吉が「日本のアニメ聖地88」に選ばれた記念のコラボみたいですね。特典はステッカー全6種(ランダム)。

倉吉2018夏 (136)
店内にはズンドコうさ丸を叩くめうちゃんがいますよ。」

倉吉2018夏 (137)
ひなビタ♪コーナー。

倉吉2018夏 (138)
2つ買いました。消費期限が短いので一度にたくさんは買えませんね。

倉吉2018夏 (139)
こんなかんじでステッカー入ってます。名刺サイズ。

倉吉2018夏 (140)
今回ゲットしたステッカー。実は本店で買うと包むときに入れてくれるので、ダブることもなく、3箱買えば全部揃うらしいです。

名残惜しいですがここで倉吉とお別れです。予定より2時間くらい長く滞在しました。今回は一泊二日で1日目は他所に行ってたので少し時間が足りなかったですね。また今度、しっかり時間をかけてゆっくりまわりたいです。

倉吉、行くたびにちょくちょく変化があるから見逃せませんね。またそのうち行けるといいと思います。


(関連記事)