今年のお盆休みは父の初盆だったので恒例の大遠征は中止。11日、12日の2日間のみで何処に行こうか考えてました。

そして結局、倉吉を中心に山陰を巡ろうということにしました。とりあえず1日目は城崎温泉から余部橋梁に行って智頭急行の智頭駅、恋山形駅とまわり倉吉に入る予定でした。

前日の23時頃に家を出発して途中仮眠を取りながら但馬をめざそうと思ったのですが、山陽道、パーキングがどこも満車で停めることができずに、結果、不眠のまま但馬に着いてしまいました。早く着いたので噂に聞く竹田城が通り道だったので立ち寄り。そこで舞鶴もそんなに遠くないことを知って、そんなら舞鶴行ってみようと思い、急遽、舞鶴まで足を伸ばすことにしました。

今回はその舞鶴の模様を北吸桟橋見学の模様を中心にレポートしたいと思います。

舞鶴2018夏 (1)
来たぞー!舞鶴っ!!2016年のGWになるのさんと巡って以来、約2年ぶりの舞鶴でした。舞鶴自体は3回目かな。

舞鶴2018夏 (2)
掃海艇「すがしま」と「のとじま」。すがしま型掃海艇のネームシップでございます。

到着時、にわか雨が降ってきて、すぐに車に戻りました。傘をさしてもズボンが濡れてしまうほどの強い雨でどうしてくれようかと思いましたが幸い、すぐに止みました。

舞鶴2018夏 (65)
舞鶴赤レンガパークの駐車場にある「しらね」の主錨。昨年は元「したね」だった船体を呉でよく見ましたね。

この時まだ10時前。北吸桟橋に入れるのは10時過ぎてからなので、先に赤レンガパークを散策することにします。

舞鶴2018夏 (3)
久しぶりの舞鶴の赤レンガ倉庫。舞鶴というとこの赤レンガ倉庫の印象が強いです。

舞鶴2018夏 (69)舞鶴2018夏 (9)
舞鶴2018夏 (4)
舞鶴2018夏 (72)舞鶴2018夏 (68)
舞鶴2018夏 (8)舞鶴2018夏 (7)

まさに舞鶴に来たー!って感じです。

舞鶴2018夏 (5)
「赤レンガイベントホール」として使われてる5号棟。

舞鶴2018夏 (66)
舞鶴に関するパネル展示。

舞鶴2018夏 (67)
5号棟入り口にはクレーンがありました。



舞鶴2018夏 (6)
お土産物売り場などがある「まいづる智恵蔵」(赤レンガ3号館)に聖地88ヶ所の認定プレートと御朱印ありました。

舞鶴2018夏 (71)
認定プレート。公式ページには設置表記が無かったので無いのかと思ってました。

舞鶴2018夏 (70)
←舞鶴の御朱印、佐世保の御朱印→。

アニメツーリズム協会の専用台紙は設置してありませんでした。(白紙の紙は置いてました)


さて、お天気も回復してきたし、開門時間も過ぎたので北吸桟橋へ向かいましょう

舞鶴2018夏 (61)


舞鶴2018夏 (10)
桟橋に入ってまず出迎えてくれたのは、こんごう型護衛艦みょうこうでした。あたご型護衛艦「あたご」と共に舞鶴を母港としているイージス艦であります。

舞鶴2018夏 (11)
大きな艦橋が特徴でしょうか?

舞鶴2018夏 (12)
「みょうこう」の影に隠れるようにしている艦は、あきづき型護衛艦「ふゆつき」です。

舞鶴2018夏 (19)
舞鶴2018夏 (16)
艦首、とがってるねえ。

舞鶴2018夏 (32)
舞鶴2018夏 (37)
舞鶴2018夏 (39)
舞鶴2018夏 (48)
舞鶴2018夏 (49)
舞鶴2018夏 (50)
舞鶴2018夏 (52)




舞鶴2018夏 (34)舞鶴2018夏 (13)
対岸で整備されているのはあぶくま型護衛艦「せんだい」。2年前に来たときも整備してました。あのときは呉から舞鶴に転属になってすぐでしたね。まだ舞鶴で普通に停泊してる姿を見たこと無いかも?

舞鶴2018夏 (35)舞鶴2018夏 (14)
あさぎり型護衛艦「あさぎり」も整備中でした。





舞鶴2018夏 (17)
そして舞鶴のDDH、ひゅうが型ヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」。私的には昨年11月に宮崎県日向市の細島港で艦艇一般公開で見て以来でありました。

(参考記事)

舞鶴2018夏 (18)
舞鶴2018夏 (21)
舞鶴2018夏 (22)
舞鶴2018夏 (26)
舞鶴2018夏 (27)
舞鶴2018夏 (28)
舞鶴2018夏 (29)
舞鶴2018夏 (30)
舞鶴2018夏 (36)


舞鶴2018夏 (20)
「ひゅうが」の奥にいたのがましゅう型補給艦「ましゅう」です。ましゅう型は海上自衛隊の補給艦の大きい方。いずも型が出来るまで海上自衛隊艦艇のなかでは一番大きな船でした。「ひゅうが」よりも大きい。

舞鶴2018夏 (31)
舞鶴2018夏 (25)
舞鶴2018夏 (23)
舞鶴2018夏 (33)

舞鶴2018夏 (24)
複合艇。モノクロ自衛艦旗がシブい!

舞鶴2018夏 (38)
「みょうこう」の後ろにいたのがはつゆき型護衛艦「まつゆき」。こちらは去年の春に行った島根県の浜田での一般公開以来、一年半ぶりでした。

(参考記事)
護衛艦まつゆき@浜田港

舞鶴2018夏 (46)
舞鶴2018夏 (47)
舞鶴2018夏 (53)舞鶴2018夏 (51)
現役で護衛艦をやってるゆき型はこの「まつゆき」と「あさゆき」(佐世保)のみです。あとは退役したか練習艦になってます。

舞鶴2018夏 (40)
そしてはやぶさ型ミサイル艇が2隻。ネームシップの「はやぶさ」と「うみたか」です。先日の佐世保シーサイドフェスティバルで見た「おおたか」と同型艦ですね。


舞鶴2018夏 (41)
ウォータージェットノズル。

舞鶴2018夏 (42)
船の大きさに似合わない(?)62口径76ミリ速射砲。

舞鶴2018夏 (45)
はやぶさ型ミサイル艇は舞鶴、佐世保、大湊に2隻ずつ配備。護衛艦にも匹敵する武装を持つ高速艇と言われます。

舞鶴2018夏 (43)
油船3姉妹。

舞鶴2018夏 (44)
曳船58号型。いわゆるタグボード。

見学はここまで。お土産物屋を覗いて、桟橋を出ます。そして次に向かうは道路を挟んで反対側の小高い丘の上にある旧北吸浄水場配水池。

舞鶴2018夏 (62)
登り口には島風ちゃんが。4年前初めて舞鶴に行ったときからありました。まだ健在でしたかー。

舞鶴2018夏 (54)
舞鶴の伝説の樹。この木の下での樹の下で提督からケッコンカッコカリされた艦娘は幸せになれるという。たぶんw

舞鶴2018夏 (55)
大きな護衛艦と小さな護衛艦、「みょうこう」と「せんだい」。

舞鶴2018夏 (56)
「ひゅうが」と舞鶴湾。

舞鶴2018夏 (57)
舞鶴2018夏 (58)
「あさぎり」。

舞鶴2018夏 (59)
「せんだい」

舞鶴2018夏 (60)
ここからの眺めは大好きです。横から俯瞰で護衛艦が見れる貴重な場所ですね。

さて、一旦レンガパークへ戻ります。

舞鶴2018夏 (73)
お昼どきを過ぎてたので、昼食を。せっかくなので俺は海自カレーを選ぶぜ。

舞鶴2018夏 (63)
舞鶴2018夏 (64)
舞鶴はじめての海自カレーは「ふゆづき」でした。スタンプラリーも実施しているらしく、他のお客さんは台紙にスタンプを押してもらってました。台紙もらってくるのすっかり忘れてた(汗)

台紙は赤レンガ2号棟や西舞鶴駅の観光案内所などでもらえるようですね。


…というわけでそろそろ時間となってしまいました。寄り道のつもりだったので、あまり時間が取れなかったのでした。今回は軍港クルーズは無しで。またいつか機会を作ってじっくり巡りたいですね。

この後、舞鶴鎮守府の新名所に行ったりしたのですが、そちらはまた別記事で。


(関連記事)
舞鶴の海軍御用達おみやげ館
城崎温泉へ城崎このりに逢いに行ってきました