c75c28a6.jpg

先週の土曜日、佐世保に行ったら、佐世保港国際ターミナルにでっかい船が停泊してました。写真は弓張岳展望台から撮った佐世保港です。周辺のどの建物より高い鉄塔を持った船が停泊してるのがわかると思います。

089389f7.jpg

その船は海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球深部探査船センターの”地球深部探査船ちきゅう”という船です。海の底を掘削して地球の内部を調査する船です。海底下7000mまで掘削する能力を持ちます。

この船は国際深海科学掘削計画の主力船として地下の調査を行い、巨大地震発生のしくみ、生命の起源、将来の地球規模の環境変動、新しい海底資源の解明など、人類の未来をひらくさまざまな成果をあげることを目指しているそうです。

f599eab6.jpg

佐世保港国際ターミナル(葉港テラス)に停泊している「ちきゅう」。

cd233284.jpg

d5960daf.jpg

艦橋の前にヘリ甲板があるのも特徴的ですね。

2b8078a0.jpg

普段は関係者以外立ち入り禁止ですが、この日は特別に岸壁に自由に立ち入ることができました。

8626e5aa.jpg

1335d92c.jpg

6c18b900.jpg

15eb727e.jpg

デリック(掘削やぐら)の高さは海面から約120m、船底から130mあります。巨大なクレーンも目を引きますね。

8bec3fe8.jpg

d1182541.jpg

f9069d5c.jpg

684fe656.jpg

五番街から見た「ちきゅう」やはり大きいですね。

4653210b.jpg

鯨瀬ターミナルの展望室より。ベストポジションでした。ちなみに総トン数は57087トン、全長は210mもあります。この日佐世保にいた海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦「いせ」や米海軍の強襲揚陸艦2隻と変わらない大きさでした。

23101755.jpg

5e6118c9.jpg

66cfca15.jpg

狙った訳ではないですが、望海峰の展望台に行った時、ちょうど「ちきゅう」が佐世保港を出港している姿を見ることができました。遠くからでも目立ってましたね。


以上、佐世保で撮った「ちきゅう」の写真でした。今回は狙って行ったわけではなくすべて偶然です。「ちきゅう」という船のことはなんとなく聞いたことありましたが、実際に見ることはできるとはラッキーでしたね。なかなかお目にかかれない珍しいタイプの船だと思います。

いつもは爆買船大型クルーズ客船くらいしか見かけない国際ターミナルでこういう船を見ることができるとは思いませんでした。佐世保には護衛艦を見にきたのにこちらのほうに夢中になってしまいましたよ。おかげて一般艦艇公開に行くタイミングを逃してしまいました…(^_^;)