昨日、竹田市立歴史資料館に行ったら、建て替えで休館していて無駄足踏んでしまいました。悔しいのでその勢いで臼杵まで行って来ました。その時に撮った写真を適当に掲載してみたいと思います。

4115f816.jpg

まずは臼杵城から。臼杵城は築城された当初は「丹生島城」と呼ばれ、弘治2年(1556年)に大友義鎮(宗麟)によって建てられました。大友義鎮は戦国時代に今の大分や福岡一帯を支配した戦国大名で、キリシタン大名としても有名です。

今でこそ周囲が埋め立てられ平城のように見えますが、かつては海に浮かぶ丹生島に築かれた城で、攻めづらい城だったそうです。干潮時は陸続きになりますが、城壁を攻略している間に潮が満ちてきて撤退せざる得なくなったとか。島津との戦では「国崩し(大砲)」を用いたこともあって、大変島津軍を苦しめ、退けました。

関が原の戦いの後には稲葉氏が臼杵藩5万石余りの主として臼杵城に入り、明治維新まで稲葉氏が城主として支配し続けることになります。

1111355a.jpg

古橋と大手口。

fcc4f44b.jpg

e9968530.jpg

堀にいた鴨たち。

e58727c7.jpg

解説板。

24d2fac8.jpg

畳櫓。

8c73a076.jpg

大手櫓と井楼櫓跡。

0ec84f23.jpg

時鐘楼跡と時鐘。時間がくると自動で鐘を突く仕掛けになってました。

d5d14056.jpg

勤皇臼杵隊之碑。西南戦争の時に薩軍から郷土を守った臼杵隊隊士43名の功績を称える碑。

cd2e8d86.jpg

鉄門跡。

81f294b1.jpg

本丸と二之丸の間にある空堀。

9a8f63a5.jpg

406041dd.jpg

c6cc993e.jpg

a03dcf7f.jpg

1e1bff70.jpg

88ee7e20.jpg

卯寅稲荷神社。大友義鎮が築城の際に卯寅口が鬼門にあたるため外郭岸上に城の地主、丹生島明神として祀られたのが始まりと言われるそうです。

11784056.jpg

卯寅口脇櫓。

b3eb79e8.jpg

卯寅口脇櫓より本丸方向。

d2dfdff1.jpg

護国神社。

9505247a.jpg

大友宗麟のレリーフ。

d5f60991.jpg

258f2f08.jpg

仏狼機砲。「国崩し」と呼ばれていた日本初の大砲。複製品。本物は靖国神社にあるそうです。

3cf58d9a.jpg

井楼櫓跡。

臼杵城と城下町 (27)
井楼櫓跡から見る畳櫓と城下町。


そして城下町を歩きます。

69249fa9.jpg

9aab0380.jpg

f57da026.jpg

稲葉家下屋敷旧平井家住宅。


1878179b.jpg

土蔵ギャラリー。

96efea2d.jpg

 臼杵市荘田平五郎記念こども図書館。

cf36ddc7.jpg

八坂神社。

bdb89f01.jpg

c8e9052a.jpg

フンドーキン醤油。

abc90818.jpg

スナックセブン。

3cec317d.jpg

a66e6d71.jpg

鳥料理ゆふと京屋。

d2784cc4.jpg

吉兆の壁絵。

6feb9765.jpg

aa440a66.jpg

布袋様の壁画。街のあちこちで布袋様を見かけました。

42f48069.jpg

dc586ef4.jpg

6b3f4341.jpg

こちらは恵比寿様ですかねー。

00ef3f7f.jpg

c356391b.jpg

27552d4f.jpg

うさぎ茶屋のうさぎ。

b05b102a.jpg

布袋様が寝ておられます。お腹を3回さすると良いそうです。

9fefb0ee.jpg

e0248e3a.jpg

石田屋。

9255b8df.jpg

「お八栄ちゃん」というキャラクターらしい。臼杵市中央通商店街振興組合公認キャラクター、八町大路商店街のキャラクターとのこと。

54894a82.jpg

暗くなってきて街灯が灯りはじめました。

a17f6eb9.jpg

389e2a95.jpg

6e8cfd5f.jpg

富士甚醤油のゆるキャラ「とっくりこだぬき」。


fae82f4d.jpg

カニ醤油の鑰屋(かぎや)。創業1600年(慶長5年)の老舗味噌・醤油屋です。美濃の藩主稲葉貞通が臼杵に移封される事になったときに、先遣隊として商人や僧侶などに変装して城下に入った者のひとり、可兒孫右衛門が味噌の製造を初めたことから創業を開始したお店なんだそうです。

845c2847.jpg

洒落た蔵のような建物がありました。「サーラ・デ・うすき」という総合観光案内所・コミュニティセンター的な施設のようです。

b2744160.jpg

a309830d.jpg

臼杵とはこのような場所であったか。

以上です。

臼杵は何年か前に、青春18きっぷを使って列車で来た時に、折り返し列車の待ち時間に駅周辺をうろうろしたことがあるくらいで、今までほとんど訪れたことのない街でした。日田や竹田のような小京都的な雰囲気の街ですね。今度機会があれば、もっと早い時間にゆっくりと巡ってみたいですね。