2008年8月7日。旅行5日目。午前中、父の実家での法事を終えて、叔母と従兄弟と父と共に食事をしました。

昼過ぎに八尾を出て、新幹線で帰る父と電車で途中まで一緒に行って、私は天満の駅で降りました。ここで人と待ち合わせだったからです。


■天満にてぶたお氏と会う。


改札を抜けてとりあえずコインロッカーに荷物を預けます。待ち合わせの時間まで駅周辺を歩き回ったり、マクドに入ったりして時間を潰します。1時間くらい早く着いたので、なかなか時間が潰れなかったです。

天満をうろうろして思ったんですが、雰囲気が小倉に似ていると思いました。ちょうど天神橋筋商店街が、小倉の魚町銀店街みたいな雰囲気で、路地裏に入った感じも小倉の街と似てると感じました。

駅前のマックで時間を潰している時、ふと携帯をみたらアンテナが立っていない。ちょうど席が地下だったので電波がとどかないようでした。相手からの連絡があったらまずいと思い慌てて食べて地上に戻るというような失敗もありました。

天満駅

JR天満駅

天満駅前

天満駅前に降り立つ
天神橋筋商店街 1

天神橋筋商店街を歩いてみる

天満を歩く

天満を歩く2

天満の路地裏を歩く

天満駅手前の高架橋

天満駅手前の高架橋

時間つぶしに入った「ぷらら天満」

ふらりと立ち寄ったぷらら天満
ぷらら天満の入口に貼ってあったミクのポスター

ぷらら天満の入口に貼ってあったミクのポスター


そうこうしているうちに待ち合わせ時間の4時なったので、待ち合わせ場所である駅の改札出口に行きました。待ち合わせしていた相手はネットラジオ番組「BS@もてもてラジ袋(通称もてラジ)」ぶたお(戸田健太郎)氏です。

「もてラジ」は3年以上聴かせていただいていて、関連のラジオもほとんどチェックさせて頂いていて、私はかなりのヘビーリスナーだったと思います。仕事中によく聞かせて頂いていて、お気に入りの放送は何度も繰り返し聞いていたとうような状況でした。

ぶたお氏にはマイミクにもなって頂いてまして、せっかく大阪に行くのだから会えるのであれば会ってみたいなあと思い、メッセージを送ったところ快く応じて頂けました。

またラジオのほうも興味があったので、収録見学もお願いしました。後日、収録時にお邪魔させてもらえる事になりました。

ぶたお氏には実際にお会いしたのは初めてだったのでかなり緊張しましたね。そもそも、ネット上で知り合った人に会うという経験があまりないもので、ドキドキでした。また、ラジオの向こう側の人と会うというのは、なんとも言えない不思議な感覚でした。


無事にぶたお氏と会う事が出来て、挨拶を交わした後、早速街に出ることになりました。

まずはぶたお氏に串カツ屋に連れて行っていただきました。ぶたお氏と話をしつつビール片手に本場の串カツに舌鼓。美味しかったなあ。

店には2カ所入口があって、反対側から入ると立ち飲み屋になっているらしいです。こういうお店には普段行かないので、いろいろと興味深かったです。

また、私は仕事以外ではあまり酒を飲まない人間なので、職場以外の人間と酒を飲む機会が無く、人と飲みに行くなんていうのはめずらしい事でした。たまにはこういうのもいいもんだなあと思いました。

次に中華食堂十八番に連れて行って頂きました。ラジオでもよく話されているお店でした。確かにリーズナブルで美味しかったです。

CIMG4981.JPG

串カツ酒の奥田看板

串カツ酒の奥田

中華食堂十八番

中華食堂十八番

十八番メニューの看板

メニューの看板。総じてリーズナブル

十八番ラーメンと焼きめし

注文したのはミニ焼めし付きのラーメン


そして、渋い感じの喫茶店で閉店まで話を聞かせて頂きました。たいへん有意義な時間だったと思います。移動中もラジオで話をされていた名所とかを案内してもらえましたし、とても楽しかったです。

喫茶店エミールパコ

ぶたお氏に連れていってもらった喫茶店「エミールパコ」


■関西テレビと扇町公園


天満探索の最中、やたらと目立っていた建物があったので、写真をたくさん撮ってみました。見てみると関西テレビ放送の本社ビルでした。

ぶたお氏からここはゲーム「アイドルマスター」の背景のモデルになった場所だと説明されました。なるほど。通りでなんとなく見覚えがあった訳です。計らずとも聖地巡礼しちゃいました。

関西テレビ社屋

関西テレビ社屋

関西テレビ社屋玄関

関西テレビ玄関側にあったモニュメント

関西テレビ社屋玄関

関西テレビ社屋3

関西テレビ社屋2

関西テレビ社屋その2

関西テレビ扇町公園より
関西テレビ扇町公園より2

関西テレビ扇町公園モニュメント

関西テレビ社屋扇町公園側より


もてラジ界隈で、ネットラジオの聖地と呼ばれるようになった扇町公園にも行きました。


扇町公園2

扇町公園1

扇町公園5

扇町公園4

扇町公園3

もてラジの聖地(?)扇町公園


■はぢめてのカプセルホテル


夜の宿が決まってなかったので、ぶたお氏にカプセルホテルを紹介してもらいぶたお氏と別れました。紹介してもらったのは「梅田ニュージャパンサウナ カプセルイン大阪」。商店街(阪急東通り商店街)の中にあるカプセルホテルです。

カプセルイン梅田

カプセルイン梅田


カプセルホテルに泊まるのは今回が生まれて初めてです。エレベーターで受け付けがある階まで上がり、フロントで受付をして中に入ります。

ロッカー室で荷物を置いて、ガウンに着替えとりあえず大浴場(サウナ)に向かいます。大浴場は2階構造になっていて、下のフロアは水着着用して入ります。下のフロアはサウナと流水プールがあったんですけど、とりあえず体を洗いたいと思った私は、すぐに洗い場のある上のフロアに上がってしまいました。

階段の所で水着を脱がなくてはならないようで、水着は使用済み用コンテナに入れなければならないみたい。一旦上にあがったら下のフロアには行けない仕様のようでした。

失敗したなあと思いつつ、体を洗い、湯船に浸かってすぐに出ました。せっかくなのでサウナも楽しみたかったですけど、疲労している上、酒も入っているので、けっこうフラフラだったんで、もう今日はいいかって思いました。館内はけっこう人が多かったです。さすがに都会は違うなって思いました。

風呂から出て、早々にカプセルルームへ行きます。私の寝床は一番上の段。入るのがちょっとしんどかったですけど中に入ってしまえば案外、快適でした。

カプセルホテルって狭い空間に押し込められ窮屈なんだろうなあというイメージがありましたけど、カプセル内は意外と広くて快適でした。空調もしっかりしていて暑く寝苦しい自分の部屋より眠りやすかったです。先日まで4tトラックの窮屈なベッドで寝ていた私にとっては、全然問題ないレベルでしたね。

中にはTVやラジオ、目覚まし時計などの装置が付いていて、なんか秘密基地みたいで格好良かったです。私のように子供の頃、押し入れとか好きだった人ならたぶん気に入るでしょう。なんか宇宙船の中っぽい感じがしました。なんかいろいろ新鮮でおもしろかったです。

一度、カプセルの外に出て、歯磨き等を済ませて、すぐにカプセルに戻り、寝ました。次の日は大阪をぶらぶらしてみる予定です。


おいしい!大阪出張 2007/08年版―厳選200店!出張人のための大阪グルメガイド (週刊朝日MOOK)おいしい!大阪出張 2007/08年版―厳選200店!出張人のための大阪グルメガイド (週刊朝日MOOK)

朝日新聞出版 2007-04
売り上げランキング : 38435
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<次へ>(横浜、長野、関西方面旅行レポート7「大坂城と水上バス」)