2008年8月5日、旅行3日目。横浜のホテルで目覚めた私は、ホテルをチェックアウト後、一緒に泊まった兄と共に地下鉄で横浜駅を目指します。


■横浜線から中央本線へ


仕事に行く兄と横浜駅で別れ横浜線で八王子へ。八王子で中央本線高尾行きに乗り換え、高尾で大月行きの普通列車に乗り換え。大月駅着が9時47分。

大月で乗り換えの時間を利用して、駅構内の店で朝食を食べます。朝食としてはちょっと重い気がするカレーと蕎麦のセット。案外美味しかったです。

そして甲府行きの普通列車に乗ります。甲府駅到着が11時01分。次の電車まで待ち時間が一時間弱あったので、駅の外に出てみる事にしました。駅に到着する直前に窓から城壁が見えたので、行ってみようと思いました。


中央本線115系電車(大月駅にて)

中央本線115系電車(大月駅にて)

高尾駅

高尾駅ホーム
中央本線普通列車車内

中央本線普通列車車内

中央本線の車窓1

中央本線の車窓2

中央本線の車窓3

中央本線の車窓4

中央本線の車窓5

中央本線の車窓6

中央本線の車窓7

中央本線の車窓8

中央本線の車窓9

中央本線、車窓の景色。

蕎麦とカレーのセット

朝食は蕎麦とカレーのセット
春日居町駅の足湯

春日居町駅の足湯(車窓より)


■甲府駅周辺を歩く


山梨県も今回、生まれて初めて足を踏み入れた県です。なので甲府も初めて来ました。山梨って失礼ながら日頃あまり意識しない県なのでなにがあるのかよくわかりません。山梨県の県庁所在地が甲府であることも知らない程度の認識でした。予備知識がほぼ皆無のまま、気まぐれで降りたって感じでした。

とりあえず駅前を少しうろついてみます。駅前広場の端に武田信玄の像がありました。あーなるほど、甲府は武田信玄のお膝元だったんですね。そこから今度は反対に歩いて、先ほど見えた城壁へ向かいます。


甲府駅

甲府駅
甲府駅南口

甲府駅南口

武田信玄公之像

武田信玄公之像


■甲府城と発声おじさん


駅から徒歩5分。そこにあった城は甲府城(舞鶴城)でした。この城は武田信玄の城ではなく、武田氏滅亡後、豊臣秀吉の命により築城された城とのこと。城壁だけで、天守閣は再現されてはいませんが、敷地は広く、上まで登ると甲府市内を一望できます。城の本丸に立つ目立ちまくりの記念碑は皇室の山林を明治天皇から山梨県に頂いた事に対する謝恩碑だそうです。


甲府城

甲府城

甲府城本丸石垣

甲府城本丸石垣
甲府城天守台石垣

甲府城天守台石垣

甲府城内松陰門

甲府城内松陰門
甲府城謝恩碑

甲府城謝恩碑

甲府城本丸

甲府城本丸


平日なのでほとんど人もいませんでした。内松陰門から本丸に登ってると、突然年配の男性に声をかけられました。

「声出すけど、ごめんね」
「え?」
「声出していい?」
「えっと…はいどうぞ」

なに?どういう事?と思って、戸惑いながら受け答えすると

「うおおおしゃああ!!!」

と雄叫び越えを張り上げるおじさん。日頃からこういう事をやっているのかかなりの声量です。

ちょっと驚いたけど、ストレス発散とか、なにかの発声練習とか事情があってこういう事をしているんだろうなーって感じでした。

話をしてみると、他の人を驚かさないように大声を出す前に声をかけているとのこと。何処から来たのかとか聞かれて、少し話をして別れました。

その後、謝恩碑のところまで登って、甲府市内を見渡したり写真を撮ったりしました。


甲府城本丸からの景色1

甲府城本丸からの景色2

甲府城本丸からの景色4

甲府城本丸からの景色3

本丸から甲府市街を見渡す



■甲府から松本へそして信濃木崎へ


そんなこんなで、駆け足で甲府城を見回った後、甲府駅に戻り、松本行きの普通列車に乗り込みます。

歩いてお腹も減ったことだし、ということで、せっかくなのでお昼は駅弁にしました。買ったのは「釜めし弁当」。普通列車の中で駅弁ってなかなか食べるのに勇気いるけど、ボックス席だったし、混雑もしてなかったんで、それほど周りを気にせずに食べることができました。味は美味しかったけど、量的にちょっと物足りない感じでした。


釜めし弁当(パッケージ)

釜めし弁当

昼食は駅弁「釜めし弁当」



2時間弱で松本駅に到着。ちなみに長野も今回初めて足を踏み入れる県です。ここで大糸線に乗り換え。14時08分発の普通列車に乗り、目的地「木崎湖」の最寄り駅のひとつ、「信濃木崎」で下車します。


遠くに見える諏訪湖

遠くに見えてる湖は諏訪湖(車窓より)

野尻駅にて

野尻駅ホームの看板(車窓より)

松本駅にて

松本駅にて2

松本駅にて



■信濃木崎駅で事件です


電車を降りるとき、ちょっとした事件が起きました。

信濃木崎駅は無人駅で、ワンマン電車なので、先頭のドアだけが開いて、運転士が改札をおこないます。下車する時、私の前に居た若い女性がドアがひらいた途端、さっと外に出ていきました。運転士が慌てて運転席から出て女性を追いかけます。一人残されて呆然とする私。

すぐに運転士が女性を捕まえました。彼女は面倒くさそうに定期券を見せます。

「今度からちゃんと見せてくださいよっ」

と運転士が女性に注意するも、その女性は謝りもせず、無言で立ち去りました。

戻ってくる運転士に私は18切符を見せますが、怒ってるのか素っ気ない態度で対応されて、気分悪かったです。いや、気持ちは分かるけどさ…。なんかやりきれない気分。


しかし、その女性、なんでやましいところないのなら、ちゃんと見せればいいのにって思いました。

普通に見せて通れば、何にも問題なかったろうに。どうしてそんな行動をとったのか、まったく理解できません。世の中には訳のわからん人がいるものです。

その女性がそんなことさえしなければ私も何事もなく気分良く下車する事ができたのになあ。ホント、迷惑な話です。


そんな事件が起きつつも、やっとの事で本日の目的に「木崎湖」に到着です。



るるぶ山梨’09 (るるぶ情報版―中部)るるぶ山梨’09 (るるぶ情報版―中部)

ジェイティビィパブリッシング 2008-12-18
売り上げランキング : 159754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<次へ>(横浜、長野、関西方面旅行レポート4「木崎湖〜おねがいシリーズ聖地巡礼〜」)