お盆に「青春18きっぷ」を使って京都から丹後、山陰を旅行してきました。

その旅の目的のひとつに天橋立駅の”鉄道むすめ”の「但馬みえ」のスタンプを押しに行くというのを設定しました。今回のエントリーではそのときのお話を書きたいと思います。


但馬みえ鉄道むすめ巡りスタンプ


今回、夏の青春18きっぷで何処に行こうかと考えたときに、ふと目に止まったのが、部屋に飾ってあった鉄道むすめ「北近畿タンゴ鉄道・但馬みえ」のポスター。


但馬みえポスター


この見慣れたポスターの場所に実際に行ってみたいなって思ったのが始まりでした。

また「北近畿タンゴ鉄道」は先日も(福岡の)ローカル番組で紹介されていたのを見ていたし、なんか会社名も洒落が効いていて(丹後→タンゴ)素敵やんって思ってました。

そんな不思議な縁もあって、これは行ってみるしかないな!って思った訳なのです。


調べていくうちに、現在「全国鉄道むすめ巡り」というのをやっていて、北近畿タンゴ鉄道も天橋立駅にスタンプが設置されているらしいという情報を得ました。

また但馬みえの「全国鉄道むすめ巡り」バージョンのフィギュアも北近畿タンゴ鉄道の特定の駅で発売されてるとのこと。これはぜひ行ってみなければ!って思いました。「鉄道むすめ」っていう企画がどれだけ鉄道事業者に受け入れられているのかも見たかったですしね。



京都で一泊して翌日嵯峨野線(山陰本線)で福知山へ。この福知山から北近畿タンゴ鉄道の本社があり、宮福線の始発駅でもあります。

北近畿タンゴ鉄道の福知山駅はJRと同じ駅ビルの中にあります。JRの改札を抜けたエントランスに早速「但馬みえ」のポスター発見!


但馬みえふたたびポスター(福知山)


早朝からの出発に疲れていた僕ですが、一発でテンションあがりましたよ!これ見ただけでも来た甲斐がありました。

そしてまずは「30周年記念記念乗車券(1日乗り放題)」を購入。全線乗り潰す予定だったのですごくお得でした。しかしこれは大人用と子供用2枚セットの切符。おっさんの一人旅なので子供用の券が丸々余ってしまうのでなんだかモッタイナイ気もしましたが、まあ記念なんでw


北近畿タンゴ鉄道記念切符


そして券を買ったついでに「鉄道むすめのフィギュアありますか?」と恐る恐る訪ねてみました。それというのも、この「全国鉄道むすめ巡り」仕様のフィギュア、3000個限定なので、下手すると売り切れてる可能性もありました。取り扱い開始から半年くらい経ってるのでもしかしたらもう売り切れてるのかも?って感じで、ここに来るまで売り切れも覚悟してました。

しかし大丈夫だったようで、すんなり出てきました。ここまでやって来た甲斐がありました。すごく嬉しかったです。ちなみに購入したときの係員さんの反応もごく普通だったので、萌えグッツだからといって特別構える必要もない感じでした。


鉄道むすめ巡りケース


このフィギュア、ミニスタンプ(天橋立駅に設置されてるスタンプの縮小版)のセットで1000円です。


福知山で1時間ほど時間を潰した後、観光列車「快速大江山浪漫号」に乗って天橋立を目指します。

「快速大江山浪漫号」は特急仕様のハイデッカー車両を利用した快速観光列車で、但馬みえさんの職業であるところのアテンダントさんも乗務します。

この列車はアテンダントさんが沿線の観光案内をしながら走ります。途中の「元伊勢皇大神社」付近では観光案内の為に一時停車したりします。また宮津駅でのスイッチバックも見所です。


快速大江山浪漫号


そんな列車の旅を楽しみつつ、いよいよ来ました天橋立駅。駅やその周辺は観光客で賑わっていました。そして駅の待合室にあるというスタンプを探します。

天橋立駅


事前情報によると、スタンプは窓口に申し出ないといけないという事でしたが、この日はすでに窓口横に置いてありました。シーズン中なので出しっぱなしにしているのかもしれませんね。


但馬みえスタンプ(天橋立)


自宅でプリントアウトしてきた「全国鉄道むすめ巡り」専用スタンプ台紙2枚との紙と白紙にそれぞれ押印。


全国鉄道むすめ巡り用紙


せっかくのスタンプ台紙ですが、そのほかのスタンプが押されることはないでしょう…。条件的に言って、期間中に他の娘のところに行けそうもありません。まあ無理すればなんとか神前みーこさん(和歌山電鐵)のところにはいけなくも無いですが、けっこう無理しないといけないので…orz



天橋立駅の跨線橋にも「但馬みえふたたび」のポスターが!他の観光ポスターに混じって数枚貼ってありました。


但馬みえふたたびポスター(福知山)
但馬みえふたたびポスター(天橋立駅拡大)


…ていうか、他の駅でもすごく目にしました。公認の萌えキャラってすごいな!って思いました。鉄道会社も宣伝の目玉のひとつとして「鉄道むすめ」を活用している印象を受けました。


但馬みえふたたびポスター(福知山改札付近)
但馬みえふたたびポスター(福知山ホーム通路)


僕はこういうのあまり見たことないのでちょっとしたカルチャーショックだったかも?w


この後、天橋立やビューランドを観光して、観光列車「タンゴ悠遊号」でポスターの背景にあった橋「由良川橋梁(由良川鉄橋)」に向かいます。


タンゴ悠遊号


「タンゴ悠遊号」は普通列車を使用した観光列車です。残念ながらアテンダントさんは乗務してませんが、車内放送による観光案内があます。そして由良川橋梁をはじめとした数カ所の観光スポットでは停車や徐行運転がおこなわれ沿線の名所を楽しめるようになっています。


「由良川橋梁」は全長522mの鉄道橋で、由良川の河口付近にあります。橋脚が低く、まるで水面を走ってるような感覚になることで有名な橋です。鉄道ファンの方々にとっては有名な撮影スポットでもあります。

そしてアニメ版の「AIR」にも登場したスポットでもあるらしく、僕は気が付かないうちに聖地巡礼していたようですw


2012-08-13-0686


今回は車窓からのみの観光となりましたが、いつかは降りてきちんと写真撮ってみたいです。


終点の西舞鶴駅で折り返して、今度は富岡まで普通列車で宮津線全線乗車をやってみます。その宮津線の終点、富岡駅のひとつ前に「但馬みえ」の名前の元になった「但馬三江駅」があります。それも楽しみだったのですが、駅名が「但馬三江」ではなく「コウノトリの駅」という愛称のほうが目立ってる感じになっていて少し残念。


但馬三江駅駅名標


なにか「但馬みえ」に関する物があるかなー?と車内から探して見ましたが特に見当たりませんでした。ちょっと肩すかし…。

そうそう”但馬”って”たじま”って読むんですね…ずっと”たんば”だと思ってた…(恥


そして富岡駅でJRに乗り換えて米子に向かう訳ですが、その後の話はまた別の機会に。…ていうか雨でかなり列車遅れて焦りました…。そしてこの後いろいろと大変な目に遭ったのですがそれはまた別のお話。


さて、旅行から戻って、さっそく中身を開けてみました。


鉄道むすめ巡り中身


実は鉄道むすめのフィギュアを買うのは、これが初めてだったり。基本的に安価のフィギュアは買わない主義なのですが、まあ今回は特別ということで。


但馬みえフィギュア2
但馬みえフィギュア1


出来自体は思ったより全然よかったです。

これならちょっと集めてみるのも悪くないかな?と思いました。


そしてミニスタンプ。


但馬みえスタンプ
但馬みえスタンプ(絵柄)


こちらは本当に天橋立駅に設置されていたスタンプのミニチュア版って感じで文句なしに良かったです。どーでもいいことですが、うちには赤のスタンプパッドが無いことに気が付きました…w


駅スタンプとフィギュア付属スタンプ


オリジナルとの比較。本当によく出来てます。良い買い物をしました。行ってよかったです。


そんなわけで、但馬みえさんに逢う旅でしたけど、けっこう”鉄道むすめ”が受け入れられてることに驚きました。そして”鉄道むすめ”自体や”北近畿タンゴ鉄道”にもますますの興味が出てきました。興味深いことたくさんの良い旅だったと思います。

それと旅先のスタンプをコレクションするのも悪くないなっていうのも思いました。今後はきちんと専用のファイルとか作って集めてみようかなー。それに全国の鉄道むすめに逢いに行きたくなりましたねー。

ほんとうに大満足な旅でした。また行けるといいな。

■関連記事■
続・鉄道むすめステーションポスターを買ってみた。
鉄道むすめステーションポスターを買ってみた。



鉄道むすめDS ~ターミナルメモリー~(限定版:「限定フィギュア」&「スペシャルブックレット」&「スペシャルトークCD」同梱)鉄道むすめDS ~ターミナルメモリー~(限定版:「限定フィギュア」&「スペシャルブックレット」&「スペシャルトークCD」同梱)

タカラトミー 2008-10-09
売り上げランキング : 8233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools