国東DR表紙いやっほーぅ!国崎最高ー! …じゃなくて国東最高ー!

…という訳で、大分県は国東半島までドライブに行ってきました。

国道213号線、国東半島を外周するコースです。



まずは、旧真玉町(今は合併して豊後高田市)、粟嶋公園、粟嶋神社からです。公園内にある大きな木製の展望台へ登って、周囲を一望します。


▲木製展望台



▲展望台の頂上にはなぜか鯉のぼり(赤)×2匹



▲宇佐方面を望む



遊歩道を少し歩いて粟嶋神社へ。縁結び、安産の神さまがまつられているので絵馬を見ると、良縁に恵まれるようにとか、二人で幸せになれますようにとか書いてありました。



▲粟嶋神社、上の社



▲小さな鳥居を抜け階段を下るともう一つ社が…こっちが本殿?



▲下の社



▲社の奥には穴が…なにか言われが?



▲穴の向こう側は火曜サスペンス劇場チックな崖が…



▲社の外観


次は香々地町の長崎鼻リゾート。周防灘に突き出た半島にあるキャンプ場施設です。人工の海水浴場もあります。バンガローや野外ステージなどの施設があり、夏に来ると良さそうです。時季はずれの上、平日のせいかほとんど人はいませんでしたが…。でものんびり散歩するにはよさそう。ぐるりと散策しました。

行者洞窟は小さな洞穴の中に地蔵様がまつられていたりして、リゾート地でありながらも、「み仏の里」国東っぽい風景が残ってました。



▲長崎鼻より海を望む



▲行者洞窟全貌。大きな穴の底に下りてゆく



▲こんなところに地蔵様が。



▲一番奥にある祠。穴全体に神秘的な雰囲気がある。



▲海へと続く洞窟からは眩しい光が…



▲長崎鼻灯台。



▲海岸に下りてみる。



▲なんかステージみたいなものがある。



▲人工浜の防波堤。奥に見えるのが姫島



▲人工浜全貌



▲誰もいないので足跡ひとつない砂浜



▲僕の前には道はない。僕の後ろに道はできる



▲人工浜から海を望む



しばらく車を走らせて、今度は国東町来浦海岸へ。ここはいろいろと思い出のある砂浜です。泳ぎに来たこともあります。また来ちゃいました。



▲来浦海岸より海を望む



▲海岸の東側を流れる川より海を望む



▲ああ、日が沈む…


来浦海岸を出て、しばらく走ると休憩所兼展望所があります。ここでちょっと休憩。展望所に上がり、周囲を一望します。



▲休憩所展望台より東南方向の海を望む



▲休憩所展望台より東方向に海を望む



そして本日の最終目的地、大分空港へ。



▲大分空港ターミナル方面を望む


空港近くの公園を散策していると、なにやら大きな音が近づいて来る。

ホバークラフトキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

ここには過去何度も来てるけど、ホバークラフトが走っているのを見たのは初めてかもしれない。

しかし焦って撮ったのと周囲が暗くてシャッタースピードが遅かったので、上手く撮れんやった…orz

…ていうかいきなり目の前にドリフトスピン状態(進みながら後退から前進へターンする)で現れたのでビビってちょっと引いた…。


▲撮影大失敗…



以上、国東半島ドライブレポートでした。

いやー国東って本当にいい所ですね。
では、また次のレポートでお会いしましょう。さよなら、さよなら、さよなら。